ウォーターサーバーの選び方

当サイトは初めてウォーターサーバーを利用する方向けに作成しました。

ウォーターサーバーは種類は多過ぎてどれを選んでいいかわからない!方や、どんな水のタイプがあるのか!など、利用した経験からウォーターサーバーをおすすめするサイトです。

ウォーターサーバーは何を基準に選んだほうがいい?

初めてウォーターサーバーを利用する方は何を基準に選んで良いかわからない方も多いかと思います。

そこで、選ぶ基準のをまとめてみました。

  1. メーカーで選ぶ
  2. 水の質で選ぶ
  3. 月額料金で選ぶ
  4. 使い勝手で選ぶ

大体このような基準で選ぶのではないでしょうか。

ウォーターサーバー導入のメリットは?

ウォーターサーバーのメリットは「利便性」にあります。

ウォーターサーバーだけで冷水とお湯の2種類を利用することができ、中にはお茶やコーヒーまで入れられるものまであります。

さらに注がれる水は無菌に保たれていて、水道水よりも遥かに美味しい水です。

わざわざ自分で水を購入する必要がないのも便利です。

メリットその2は「経済性」です。

ペットボトルで水を購入するよりも割安で、ウォーターサーバーの使用する電力は家庭用ポットと同じくらいしか使用しません。

またボトル配送料が無料のところが多いのも魅力です。

メリットその3は「備蓄水になる」ことです。

停電や災害により水道水が使用できない状況であっても、ウォーターサーバーがあれば備蓄水として利用することができます。

しかし注意しなければいけないのが「開封した水はすぐに使い切ること」です。

ウォーターサーバー自体が作動していなければ水は無菌状態を保てません。

なるべく開封したものは早めに使用することにしましょう。

ウォーターサーバーのデメリット

ウォーターサーバーのデメリットは「水の使用頻度が少ない方には向かない」ことです。

水の使用頻度が少ないと開封された水が長い間保たれてしまいます。

すると経済的にも良くありませんし、衛生面が削がれてしまいます。

ウォーターサーバーを利用する際にはしっかりとした利用目的・使用頻度を考えて導入しましょう。

ウォーターサーバーの設置と注意点

ウォーターサーバーは設置場所はどこがいいの、どこに置くなどと疑問に感じている方も多いことでしょう。

設置する場所は「野外ではないこと」、「高温多湿ではない場所」が適しています。

一般的に多い設置場所は「キッチン」や「リビング」です。設置の際の注意点は、ウォーターサーバーの周りには約10cmほどの隙間を空けることです。

その理由は本体の熱が逃げにくくなってしまうことにあります。

故障や火事の原因になりかねませんので注意しましょう。

私もはじめにウォーターサーバーを導入した時には「どこがいいのだろう」、「どこに置くのがいいか」と悩んでいました。

しかしやはり飲料水として設置することを考えたら、リビングやキッチン以外には考えられません。

ウォーターサーバーの周りを10cmほど空けて、燃えやすいものを置かないことに注意すれば安心して利用することができます。

これからウォーターサーバーの導入を検討されている方は事前にリビングやキッチンに設置スペースを確保しておくとスムーズにいきます。

くれぐれも「野外」や「高温多湿」の場所には設置しないようにしてください。

雑菌が繁殖し、カビなどの発生する原因となります。注意してください。